ヘザーブラウンだけじゃない!ハワイのアートの世界

xLacey_Lights_800
ハワイのアーティストといえば、やっぱりヘザーブラウン!こちらハワイびよりでも彼のアートの世界をご紹介しました。そんなヘザーブラウンだけではない、ハワイでいまもなお最も熱いフォトグラファー Clark Littleを今回ご紹介します。

光と波のアーティスト Clark Littleが切り取るハワイの大自然

xKaleidoscope_800
クラーク・リトルは1968年カリフォルニア州ナパで生まれ、その2年後に父親の仕事でハワイ州ノースショアに移住しました。1980~90年代にかけて地元ワイメアベイで、危険なショアブレイクサーフィンのパイオニアとしてその名と才能をハワイのみならず世界中に轟かせました。
そして転機が訪れたのは2007年。彼の妻がベッドルームに海の写真が飾りたいと頼んだことがはじまりでした。彼はそのサーフィンの技術と経験、そして何より海への情熱でカメラを手にすることを決め、美しく、そして力強いハワイのショアブレイクを撮り始めたのです。

彼の海への、写真への、情熱はとどまることを知らない

splash
彼の写真はAppleやNikonの広告やナショナル・ジオグラフィック、ニューヨークタイムズ新聞にも掲載され、ワシントンDCのスミソニアン博物館にも作品が展示されるなど、現在ではサーフ界の外へも拡大しています。
2011年にはノースショアにクラーク・リトル ギャラリーをオープンさせ、写真とハワイの広大な海への情熱は衰えることを知りません。是非、あなたも“ノース”に足を運ばれた際には、このギャラリーへ立ち寄られることをオススメします!
as_surf_clark_2048

 

Clark Little PHOTOGRAPHY オフィシャルウェブサイト

関連するタグ

人気記事ランキング