今月誕生日のブルーノに密着!ハワイが誇るアーティストは子供の頃から才能豊かだった

今月30歳の誕生日を迎えたブルーノ・マーズに注目!

feature_lifeonmars_brunomars_facebook
Photo from brunomars.com

今年最大のヒットとなる「アップタウン・ファンク(Uptown Funk)」で話題のブルーノ・マーズ。そんなブルーノが今月30歳の誕生日を迎えたがレアな写真とともに彼の面白いファクトをご紹介します。

970167_547271365339803_1626983124_n
Photo from bio.com

アカデミー賞受賞のブルーノは小さい頃からアーティストだった

689457250bfc48a8a2f60d0d2932fc47
Photo from pinterest

・1985年10月8日、ハワイはホノルルで生まれで本名はピーター・ジーン・ヘルナンデス(Peter Gene Hernandez)。

・ご両親も才能豊かで、お母さんはフラのダンサーでお父さんはパーカッションの演奏者でした。4歳の時にブルーノは家族バンド「ラブ・ノート(Love Notes)」に参加し、週5日パフォーマンスをしていました。

・その頃から、彼はニックネーム「リトル・エルビス」と呼ばれるようになり、島の至る所でショーをおこなっていました。
【関連記事】秘蔵映像!ハワイのブルーノ・マーズ 4歳の時のダンスはプロ並みだった!

imgbruno-mars
Photo from internationalbusinesstime

・高校生活はルーズベルト高校で過ごし、その時にはバンド「スクール・ボーイズ(School Boys)」を結成し、ステージパフォーマーになることを確信したといいます。

・15歳の時に、学校の先生に恋をしラブレターと共にお母さんからくすねた指輪をプレゼントしたというロマンチック?なエピソードもあります。むろん、その指輪は先生からお母さんに返されたとのことです。

Bruno-Mars-In-High-School-bruno-mars-30475780-251-283
Photo from facebook

・高校卒業後、ブルーノはロサンゼルスに行く事を決意し上京します。しかし、なかなか思う様に音楽活動は軌道に乗らずバックコーラスとして、またはダンサーとして日々を送ることになります。

bruno1
Photo from bio.

・3年の間、ブルーノのマネージャーがアトランティック・レコードに取り入り契約をとることができました。パフォーマンスの際、ブルーノがバックステージに用意するよう伝えたのは、汗拭き用のタオルとワインだったそうです。

73550_547271475339792_1066721654_n
Photo from facebook

・2000年には曲の提供を始め、2010年バンクーバーオリンピックのテーマソング「Wavin’ Flag」が話題となります。

・そして2010年、名曲「Just the Way You Are」「Nothin’ on You」などシンガーソングライターとして名前が大々的にしられることとなります。

8948437_G

・彼の好きな色は「赤」と「栗色」。

・一番好きな食べ物はチキン・アドボ、フィリピン料理の代表的な一皿で鶏肉と野菜の酢で煮込んだ料理。

・タトゥー好きでも有名で身体には4つほどタトゥーが刻まれています。胸にはお母さんの名前「Bernadette」とお父さんを尊敬する意味で「Pete’s Boy」、右腕には船の碇、左腕にはジプシーの絵がいい運気をもたらすために刻まれています。

3246224_G
Photo from honolulumagazine

音楽を通じ、とても家族に愛され育ったブルーノ・マーズはその気持ちをしっかりと心と身体に刻んで音楽制作、パフォーマンスに励んでいるからこそみんなの心に響く作品が多いのではないでしょうか。

maxresdefault
Photo from honolulumagazine

最後に、ブルーのファンというKai君との競演がELLENの番組で放映されたのが印象的だったのでご紹介したいと思います。可愛らしいKai君とノリノリのブルーノのパフォーマンスは何故だか心がほっこりします。

Source from International Business Times

関連するタグ

人気記事ランキング