各メディアが注目!ハワイアンフラが乳がん予防に効果あり!?

世界で広がるピンクリボンキャンペーン、ハワイでも注目されている意外な場所とは!?

HULA
女性にとって大切だと言われている乳がん検診。早期発見を推奨するピンクリボンの活動もあり、今や世界中で検診の重要性が唱えられています。そんな中、ハワイアンフラが乳がんの予防に効果があるのでは?という記事がハワイのサイト「HAWAII NEWS NOW」を中心に掲載されました。

適度な運動が、がん予防やがん生存者の延命にとても有効だということは、多くの医師が認めています。でも、それを続けていくことは、興味がなければとても難しいです。その点、伝統文化であるフラは運動面でも、楽しみながら続けていけるという点でもパーフェクトな予防法なのです。(『KITC.COM』より翻訳引用)

ハワイ・キャンサー・センター大学の研究チームによれば、過去5年間に乳がんを患った12人の女性にフラを半年間体験してもらったところ、確かにフラは乳がん患者の生存率を高める効果があると結論づけました。フラは、(物や感情を手で表現する)ハンドモーションとステップを踏む足の動きで成り立っています。フラをすることで異なる手足を動かすのに必要な記憶力が養われていきます。また、フラを楽しむことで人々は生きるモチベーションが高まるのです。(『SUN TIMES』より翻訳引用)

“幸せホルモン”ががんに効果あり!?目覚めるナチュラルキラー細胞の真価はいかに!

20150710_hawaii_1
確かに、フラをするとオキシトシンという下垂体後葉から分泌されるホルモンが出てくると言われています。これは、別名「幸せホルモン」「安心ホルモン」とも呼ばれ、心身を癒してくれる効果があることにはすでに定評があります。そのオキシトシンが大量に分泌されると、がんを殺すナチュラルキラー細胞が増えていくとも言われおり、そう考えると、確かにがんとフラの関連はおおいにあると言ってもいいかもしれません。実際に、この実験に参加した乳がん患者の女性たちからは、体調が良くなった、生きる喜びがわいてきた、がんのことを忘れられるほど没頭できるものが見つかった、などと前向きな意見がたくさん聞かれました。医学的な解明はこれからの研究でさらになされる予定ですが、医療チームはフラとがん予防の相関関係をほぼ決定づけており、今後の動向からも目が離せません。
フラの動きは特にルールがなく、自分の思うがままに自由に踊れることもストレスフリーでいい影響を与えてくれそうです。これを機会に、がん予防のためにも、何か運動をはじめたいと思っているなら、フラを体験してみるのもよさそうです

関連するタグ

人気記事ランキング