全米年間シングルチャート ブルーノ・マーズ「アップタウン・ファンク」がダントツ首位 その秘密に迫る!

通算14週の1位マーク、「アップタウン・ファンク」は大ロングヒット記録!

Photo from www.forbes.com
Photo from www.forbes.com

”2015年の年間シングル・チャートは、マーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」が堂々の首位に輝いた。1月17日付HOT100チャートから、通算14週にわたって首位をマークし続けた「アップタウン・ファンク(Uptown Funk)」。

その後も圏外にダウンすることなく、1年間TOP40内にランクインし続け、2016年1週目のチャートでは再び息を吹き返し、24位に再浮上、通算54週という驚異的なロングヒットを記録している。以下、2位との差は歴然といったところで、この曲に至っては、断トツの首位獲得だったといえるだろう。

6曲のNo.1ソングを誇るブルーノ・マーズにとっても、自身最大のヒット曲となった。”−ビルボードジャパンより。

ハワイ出身のブルーノ・マーズはあらゆるジャンルのリズムを取り入れるマルチ・アーティスト

bm

 

小さい頃から両親がエンターテイナーであったのもあり、沢山のお客さんの前で歌や踊りをパフォーマンスしてきたブルーノ。そんなブルーノはハワイの音楽からジャズ、クラシック、ファンク、ポップスと様々な音とリズムを取り入れての大ヒット曲となったと言っても過言ではありません。

名曲「アップタウン・ファンク」はハリウッド黄金時代のステップと完全に一致していた!

ハフィントン・ポストによるとブルーノ・マーズがメーンで歌う「アップタウン・ファンク」の曲がハリウッド黄金時代のスクリーンのダンスステップと完全に一致するとの事で取り上げました。早送りは一切ないというのが驚きです。

1930年から1940年代のハリウッド黄金時代は、大がかりなミュージカル映画が大ヒットし、大きな映画会社が大規模で良質な映画を次々と生み出した時代。

そんな時代から変わらないリズムが今もなお、沢山の人に伝わるのには何か時代に関係なく響くものが根底に流れているからなのかも知れません。

Bruno Mars オフィシャルサイト

【関連記事】ブルーノに密着!ハワイが誇るアーティストは子供の頃から才能豊かだった

関連するタグ

人気記事ランキング