“自然との共存・再生”を誓うオアフ島 大規模再開発がとにかく優しすぎるらしい!

進化するハワイ、守り続けるハワイ。ドリームプロジェクト「WARD VILLAGE」


スクリーンショット 2016-01-07 8.27.15スクリーンショット 2016-01-07 8.29.09
空港からワイキキに向かう途中でたくさんの建設現場を見たことがある方も多いと思いますが、あれ、何だかご存知でしょうか?アラモアナセンターのすぐ西のエリアで実は今、大規模再開発「WARD VILLAGE PROJECT」が進んでいるんです!開発地区は今のワードウエアハウスやワードセンターなどがある一帯(東京ドーム5つ分以上)で、このエリアにハワイならではの近未来都市を建設しようと、全米屈指のデベロッパー ハワードヒューズ社によって約6年前から着々と建設ラッシュが進んでいます。

20年計画の街づくりは人にやさしく、自然に寄り添う。ロコスピリッツに溢れていた!

1439529658154
地元コミュニティや近隣住民との話し合いに2年もの時間を費やし、トータル20年近くをかけて開発していく壮大なプランの根本にあるのは、観光業ばかりに注視するのではなく地域と共生していく徹底した環境配慮、そして好き放題に局所的な開発をするのではないハワイの街と自然と歴史に考慮した統一デザインコンセプトで進めること。したがって全体で20棟ほどの居住タワーが建設予定ですが、単に高級コンドミニアムを建てるのではなく自然との共存と再生を念頭に置いた、広大なガーデンエリアも出現する、文字通り「街づくり」となっているのです。
スクリーンショット 2016-01-07 8.30.19
最初に販売された「WAIEA (ワイエア)」と「ANAHA (アナハ)」はすでに8割方の部屋が売約済みということからも、このプロジェクトの人気度がわかりますよね。続いて登場した「GATEWAY TOWERS (ゲートウェイ・タワーズ)」は、全世界の優れた芸術家に授与される「高松宮殿下記念世界文化賞」の受賞歴もある日本でもお馴染みな名建築家リチャード・マイヤー氏のハワイでの初プロジェクトというから今から問い合わせが殺到しているとか。
スクリーンショット 2016-01-07 8.29.32
エリア内の川を再生復活させ「ゲートウェイ・タワーズ」の2つの棟の間に創る公園を通すよう配置した点でも、ハワイの自然を活かし地域との共存を図っていくワードビレッジの信念が垣間見れ、地元でも評価が高いとか。一方、もうひとつの新販売タワーである「AEO (アエオ)」は環境・立地の良さとともに“利便性”の面でも注目を集めています。その大きな理由が棟の地上階にオープンする自然派スーパーマーケット「WHOLE FOODS MARKET」。オアフ島の未来の人気スポット、今から目が離せませんね!

WARD VILLAGE PROJECT オフィシャルサイト (英語サイト)
WARD VILLAGE PROJECT オフィシャルサイト (日本代理店サイト)

関連するタグ

人気記事ランキング