一度は食べたい ロコのためのロコのサカナ

メールで捕れたて鮮魚のお知らせサービス

nimitz-fish-market
Photo by Don Wallace

ハワイでは食材としては外せない魚介類。島国の日本も重々承知なのが魚介類で大事なのは鮮度。ポキ、刺身、寿司など魚が生で一般的に食べられるハワイでもこれは大切な事です。

ピア25にあるニミッツ・フィッシュマーケット(Nimitz Fish Market)では「ローカルのためのローカルの魚」をモットーに5隻の船を出し、常に新鮮な魚介類をオアフのマーケットに提供しています。

船が港に戻ったあとも、データベースにあるお客さんのところにメールが届くシステムを導入しています。メモアール・ケータリング(Memoirs Catering)もここを利用していて、常に新しく穫れた魚の種類を知る事ができケータリングのメニューにすることができています。こちらのケータリングサービスは新鮮な食材を提供するとの事で予約まちリストが数ヶ月にも及び、なかなか予約ができない状況になっているくらいです。

良い魚をより早く消費者の元へ

nimitz market 1

Photo from Youtube

爽やかな笑顔で話をしてくれるのはローレン・シュー、ミニッツ・マーケットプレイスのプロデューサー。「元々、ローカルのためにどれだけ新鮮な魚を提供できるかを考えていました。リストに登録頂いていれば、船が港についてから30分ほどでお客さんの手に届く仕組みを作りました。簡単なことだけれど大切なことだね」

さらに環境の事も考え、同じ場所で濫獲せずにハワイ島沖まで漁に中小ボートで魚をとりに行くとの事。「大型船は大量に獲れるメリットはあるが、数日間、氷の中でマグロが眠っている状況が生まれる。それは新鮮とは言えないよね。」と白い歯をみせて笑っていました。

ロコに人気のハワイ産  甘エビは絶品

ama ebi

Photo from Yelp!

気軽に食べられるハワイ産の甘エビ。日本の甘えびと比べるとかなり大ぶりですが旨味と甘さは格別です。ハワイの600m海底のミネラルを存分に含んだエビがさらに甘さを引き出しているとか。

一度、是非こちらに足を運んでみてください。さすがに車がないと大変という方には毎週開催されているファーマーズマーケットでも気軽に買う事ができます。一度、ロコから絶大な人気を誇る新鮮なサカナを試してみてください。

Pier 25, Nimitz Highway
Nimitz Fish Market オフィシャルサイト

ホノルル・ファーマーズマーケット
毎週水曜日16:00〜19:00

KCC ファーマーズマーケット(パーキングロットC)
毎週土曜日7:30〜11:00

 

 

関連するタグ

人気記事ランキング