母なる大地のマナに抱かれて、ハワイで女性人気一番のパワースポットを訪れたい!

火山と海に囲まれたハワイにパワースポットが数多く存在する理由

ハワイでは古代から「マナ」が人々のパワーの源になっていると信じられています。
そんなマナは、溶岩や海に多く宿ると言われていて、火山と海という2つの大自然に囲まれたハワイでは、溶岩によるパワー・広大な海のパワーとして、地球のエネルギーが湧き上がっているためか、皆さんもよくご存知の「パワースポット」と呼ばれる場所が島内のそこかしこに数多く存在します。

wahine_hapai_and_kukaniloko_birthst_20140123_1735214254

母なる大地は時代を超えて今も生命と心を救ってくれる

そのなかで一番話題なのは「Kukaniloko (クカニロコ)」、別名「バースストーン」と言われる場所ではないでしょうか。

クカニロコは“オアフ島のへそ”といわれているオアフ島の中心地、ワヒアワ地区に存在します。周囲は赤土地帯なのでパッと見にも厳かな印象を受けるでしょう。それもそのはず、こちらは古代ハワイの王族たち御用達の“お産場所”だった場所なのです。クカニロコで生まれた子は偉大なる力を得るとされ、また、バースストーンはお産の痛みを和らげるとも言い伝えられていました。そして当時“聖地”とされていたこの場所は、王族以外は立ち入り禁止されていて、もしその掟を破り庶民が足を踏み入れたらその場で処刑されたほどの神聖な地だと語り継がれています。

dsc_0011

そんな歴史を帯びたこの場所は、現代でもハワイアンから聖なる場所として崇められていて、安産祈願や癒しのパワースポットとして、女性を中心とした観光客にも高い人気を呼んでいるのです。

クカニロコへのアクセスは、アラモアナセンターから52番のバスに乗ればすぐ目の前まで行くことができますし、レンタカーでならワヒアワの町をノースショア方面へ抜けて最初の信号が目印、ワイキキからは約20分くらいでアクセスすることもできるので、是非気軽に立ち寄ってもらいたい、“ホンモノ”のパワースポットです。

関連するタグ

人気記事ランキング