武田双雲が語る 夢が叶わない思考とは?思わず納得の発想の転換!

ハワイに行きたいのなら、どう考える?思考力の認識で夢が近づく!

Photo from toshinosuke001.at.webry.info
Photo from toshinosuke001.at.webry.info

ハワイに移住したい方、純粋に旅行に行きたい方は沢山いまでもいて、それがなかなか叶っていない方も多いようです。そんな方へ、書道家の武田双雲さんがなるほど納得のお話をブログでしていたのでご紹介します。

夢が叶う人の思考とは?すでに頭もカラダもその目標に向かっている

Photo from sa-okb.blog.so-net.ne.jp
Photo from sa-okb.blog.so-net.ne.jp

武田双雲さんが以前ブログでハワイを例えて、夢が叶う人の思考を分かりやすくシンプルに解説しています。沢山のビジネス書にも難しく書かれていることがいとも簡単に説明されていて、再認識される方も多いのではないでしょうか?以下、双雲さんのブログからの抜粋なりますが、ハワイのみならず、夢に向かって頑張っている方へ応援メッセージとしてご紹介させて頂きます!

ハワイに行きたい!と思った瞬間に動き出している!

Photo from mery.jp
Photo from mery.jp

「今回は夢が叶う人の思考を考えて見ましょう。例えば「ハワイに行きたい」と思った瞬間に、もう「頭」も「体」もハワイに向かってます(笑)

ハワイに行けない理由なんて考えません。ハワイに行くにはどうすればいいかばかりを考えます。

ネットで値段を調べたり貯金がなかったら、短期間の収入を得ることを画策したり、
時間がなかったら、時間をどうにかして作る。会社を休んだりして。

そう叶う人は、「どうにかする」んです。

どうしたら行けるかを考えるだけでなく、もう少しずつ向かっている。

行けない理由なんてどこにあるの?くらいの勢いです(笑)できるかできないかじゃなくて既に向かってる。ということですね。

思考と同時に体も向かっている。夢が叶わない思考の人は、書道で言うと、サンズイが書けないと言って、紙の前で何も書かずに唸っている。

なぜ書けないかを探る。書けない理由を見つけ出す。そして悩む。書いていないのに悩む。

書きながら悩めばいいんです。というか書いていたら悩む時間なんてありません。

壁が来たら、また書くしかありません。書かずに考える時間も必要ですが、それは、「対策を練る時間」にするといい。
何となく、今回の伝えたいことが伝わったら嬉しいです(^^) 」

武田双雲 オフィシャルブログ より

■武田双雲

書道家。NHK大河ドラマ「天地人」の題字など数々のメディアに書を提供。
元々書道の世界に行くことは全く考えていなかったためNTT東日本の営業部に就職。部内では字が上手いと評判だったが、ある女性社員の名前を代筆したところ、その筆跡を見た女性から「今までは自分の名前が嫌いだったけど、初めて自分の名前が好きになれた」と涙を流して感動され、それを機に翌日辞表を出して会社を退職、母・武田双葉の書道教室で1年間書を学び、その後ストリート書家としてスタート。路傍で道行く人の希望で即興で書くスタイルを披露、その後、墨を使った大字パフォーマンスでテレビなどに取り上げられ、NHKの大河ドラマのタイトル字などデザイン書の分野で注目される。−Wikipediaより

Photo from www.nameplaza.net
Photo from www.nameplaza.net

関連するタグ

人気記事ランキング