グラミー「年間最優秀レコード」受賞!またまたブルーノが大絶賛!最新オリジナル・アルバムも期待が集まる!

ブルーノ・マーズがマーク・ロンソンと共に栄光ある賞をスタッフ全員に感謝し受賞!

Photo from youtube
Photo from youtube

ハワイ出身のブルーノ・マーズ(Bruno Mars)が米音楽界の権威「第58回グラミー賞」の授賞式、米ロサンゼルスのステイプルズ・センターで行われ大きな声援の中、ステージにあがりました。英出身のDJでプロデューサーのマーク・ロンソンが主要部門の最高賞と言われる「年間最優秀レコード」をブルーノ・マーズをフィーチャリングに迎えた「アップタウン・ファンク」で受賞し、「最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)」を含む、2冠を達成しました。

マーク・ロンソンとのタッグはこれで二回目 スマッシュ・ヒットを生み続ける

Photo from singersroom.com/
Photo from singersroom.com/

ブルーノ・マーズとマーク・ロンソンの共作は今回のみならず、2012年にリリースしたBrunoのアルバム「Unorthodox Jukebox」でアルバムのプロデュースにお互いの力を集結して、ビルボードでアルバムランキング6週連続1位を打ち出しました。

受賞はチームワークの結晶 互いの才能を合わせて創り出したからこその名曲

Photo from la.eonline.com
Photo from la.eonline.com

マーク・ロンソンのコメントが今回の「アップタウンファンク」の制作の大変さ、チームで作り上げた喜びがあらわに表現されています。
「この曲はスタジオでジャムをしてたある瞬間に出来たものなんだ。ブルーノはじめ、みんなリスペクトしあって一緒に作業したんだ。ただ、録った後の作業は7ヶ月くらいかかって大変だったな。たくさんのヴァージョンがあったし、それぞれが別々のスケジュールで忙しかったしね。」

Photo from www.digitalspy.com
Photo from www.digitalspy.com

「クレイジーなことが何度も起こって、ボクの髪は抜けていったよ(笑)。でも、その後この曲がリリースされた時はなんともいえない幸福感だったな。ホンモノのミュージシャン達が、ホンモノの人間達が楽器を演奏したんだよ。実際に出来上がるまではどうなるかなんてわからないけど、いろんな意見交換もあって、でも最後には自信作となったよ。感じるままに演奏して、自信を持って作れたからね。」

受賞して不思議はない?配信売上が全世界でダントツ!

Photo from www.carolina.cl
Photo from www.carolina.cl

確かに2015年は街中を歩いていても、何気ないところから聴こえてくる洋楽の中に必ずこの「アップタウン・ファンク」がありました。US ビルボード100では、14週連続1位、その他ベルギー、オーストラリア、カナダ、フランス、アイルランド、そしてニュージーランドでもトッブを年間を通じてキープしました。アメリカではさらに今までにない1週間で480万回配信と新記録を打ち出しました。

最新オリジナル・アルバム制作中のブルーノ アーティストとしてますます目がはなせない!

Photo from www.amazon.com
Photo from www.amazon.com

まさに実力派のアーティストが大集結したからこそ、出来上がった記録。インスタグラムで発表していましたが、最新アルバムの制作にかかっているとのこと。オリジナル・アルバム・リリースと共に、今後のブルーノの活躍がますます楽しみですね。

【関連記事】ブルーノ・マーズ ハワイが誇るアーティストは子供の頃から才能豊かだった

Photo from www.hitfix.com
Photo from www.hitfix.com

関連するタグ

人気記事ランキング