ハワイの奇跡的ビューはラッキーな人だけが見られる!?波とともに消える古代ハワイの絵

ノースショアにあった古代の絵を発見!レアなアートは砂浜の中にあった!

Photo from seandavey.com
Photo from seandavey.com

冬のオアフ島ノースショアはいくつものサーフィンの大会が行われるのは40フィート近くの大波がたくさんできるから。大きな波が押し寄せるとそれと同じだけの波の引きが生まれます。先日、潮が引いた時に昔からあるペトログラフ(petroglyphs)が現れたのを地元のアヴィ・サルヴィオ(Avi Salvio)さんが見つけ、話題になりました。

ペトログラフ、昔の人が刻んだ絵がオアフ島にもあった!

Photo from historichawaii
Photo from historichawaii

ノースショアの波が砂ごと沖へ洗いもどす時に、稀に出てくるペトログラフ、目で確認できるのは24時間以内とも言われています。ペトログラフとは石への彫刻または線画、特に有史以前の人々によって作られたものでハワイ島に多く見られ、人の形や犬の形のものが発見されています。

通常は3メートル下の砂に埋もれている幻の絵 地元ロコも見れることは稀

Photo from www.flickr.com
Photo from www.flickr.com

今回、オアフ島ノースショアで見つかったのは人型のもので、発見後すぐに姿を砂に消してしまったとの事です。「地元でも見る事ができるのは本当に特別なもので感激です。」とアヴィさんはラッキーにも画像に残す事ができました。通常ノースショアでは砂の下にあるので埋まっている溶岩すらみる事ができないとのことで、10フィート(3メートル)は砂の下にあるとのことです。

ハワイ大学考古学教授がペテログラフを分析

Photo from northshorehawaii
Photo from northshorehawaii

ハワイ大学の考古学教授、ジェームス・ベイマン( James Bayman)氏によると、このノースショアのペトログラフは柔らかめの石に固い鋭利な石の道具でたたいて作り上げたものだとのことです。風化の具合から見て、数百年前に作られたもので波と砂の中でもこれだけくっきりと形を残しているのは制作にかなりの時間を要していただろうとの事です。

昔のハワイ文化にとっても重要な役割を担った犬

Photo from bradshawfoundation.com
Photo from bradshawfoundation.com

ノースショアにはこれまでに70ほどのペトログラフが確認されていて、ハワイ島と同じく、人の形と犬の形のものがあるとのことです。犬がなぜ肖像画として描かれているかと言うと、当時のハワイ文化において神の使いとの説もあり、食する際は位の高い者のみに許されていた食材であったとの事です。

ペトログラフがみれる喜びとリスペクトの精神を養う

Photo from redicecreations.com
Photo from redicecreations.com

地元に42年間住んでいる人ですら、今まで4回ほどしか見た事がないと言うこのペトログラフを奇跡的に見れる事に感謝をしていると言います。それは昔のハワイの人がここに住んでいた証でもあり、その場所に立てていることはとても光栄な事で、この稀な現象はハワイの歴史に触れるということでもあり、これからのハワイ、特にハワイの海を守るにはどうすれば良いかを考えさせられる良い機会だと地元の人は考えているそうです。

Photo from couture-naoco.com
Photo from couture-naoco.com

ノースショアの他に、ペトログラフはロック・パイルズ(Rock Piles)とケイキ・ビーチ(Ke Iki Beach)で見られるとの事です。オアフ島北部に行かれるときにこの奇跡的瞬間に巡り会う事ができますよう旅路をエンジョイしてください。

「ハワイの神話と伝説」「Hawaii News Now」より

関連するタグ

人気記事ランキング