片腕を失った”ソウルサーファー” ベサニーハミルトン

カウアイ島出身 笑顔が素敵なプロサーファー

隻腕の女性サーファー、ベサニー・ハミルトンさんをご存知ですか?

beth
Photo from instagram.com/bethanyhamilton/

 

ディズニーによって映画化された”ソウルサーファー”は私の好きな映画のひとつでもあります。この映画を見て、不慮の事故にも負けずに自分の意思をつらぬく彼女の姿に心を打たれた方も多いはず。

beth
Photo from instagram.com/bethanyhamilton/

マーメイドと呼ばれた幼少期

サーフィンを愛する両親と2人の兄と共に 子供の頃からサーフィンを愛し、母親からは「マーメイド」と呼ばれるほど、時間さえあれば海でサーフィンをする。そんな幼少期を過ごしたベサニー。

beth
Photo from instagram.com/bethanyhamilton/

 

サーフィンコンテストの子供部門で優勝、リップカールがスポンサーにつくほど プロサーファーとしての将来を期待され、トレーニングを積む毎日でした。

突然起こった不慮の事故

2003年10月31日の朝、13歳のベサニーはカウアイ島の海岸で親友たちとサーフィンを楽しんでいました。いつも通りの日常だったのに、不運にも体長14〜15フィート(約4.5m)のイタチザメに襲われ、左腕を肩の下から食いちぎられるという事故に遭ってしまったのです。救助されて病院に運ばれましたが、全身の血液の60%を失っており、回復するまで7日間を要するという大怪我を負ったのです。

beth
Photo from blogspot.com

 

beth
Photo from librisnotes.blogspot.jp

事故に負けることなく、サーフィンを続けたマーメイド

事故のトラウマに負けることなくサーフィンに復帰することを決心し、1ヶ月も経たずに再びサーフィンを始めた彼女。なくなってしまった左手をカバーできるように、それまで使っていたものより長くて厚めボードを特注し、パドルを容易に操作できるようにするなど、両手を使ってサーフィンをしていたそれまでと変わらない状況を作れるようにさまざまな努力をしたのでした。

beth
Photo from glogster.com

 

努力の結果、2005年、NSSA(全米アマチュアサーファーの最高レベル)のチャンピオンに輝き、そして2008年にはプロに転向。ASPのワールドクオリファイシリーズに出場するまでになりました。

自叙伝をもとに作られた映画「ソウルサーファー」

beth
Photo from tvguide.com

 

映画化するにあたり、最初の脚本作りからキャスティング、編集まで、家族全員で映画作成に関わったというベサニー。「自分たちがダイナミックにサーフィンをする様子をきっちりと映してほしいとお願いしたわ。サーフィンのシーンも自分がスタントをやったから、最終的には心から満足できる映画に仕上がったの」。

実際に、ベサニー自身がビッグウェーブを見事にサーフィンする姿は、もはや芸術の域に入るぐらいに美しく仕上がっています。彼女は「本当のサーフィンの醍醐味を正確にとらえた映画はほとんどないと思う」と語っています。仕上がった「ソウルサーファー」を初めて見た時、サーフィンシーンに納得がいかず、スタッフに交渉して自分自身と兄で追加撮影を行い、サーフィンシーンをすべて差し替えてようやく納得したというベサニー。それだけ彼女は”本物”にこだわってこの映画を作り上げたのです。

beth
Photo from instagram.com/bethanyhamilton/

 

ベサニーの長兄ノアは彼女の専属フォトグラファー、次兄ティミーは彼女の専属ビデオグラファーとして、ずっと彼女のサーフィン姿を撮影しています。

「彼らは私の兄だから、自分のサーフィンのスタイルを一番理解してくれているの。再撮でタヒチに行った時、正直すごく波が荒くて、かなり危険な状態が何度かあったんだけど、そういう時にも目を光らせ、安全を確保しながら、良い映像を撮ってくれた。兄と一緒だったからこそ、私は安心できたの」という彼女。家族の愛に包まれて、彼女の素晴らしいサーフィンは成り立っているのですね。

beth
Photo from yolasite.com

 

私たちが想像できないくらいの大波を制覇した彼女の自叙伝をもとに作られた「ソウルサーファー」は、これを見る多くの人々に希望を与え、迷っている人の背中も押してくれる、そんな映画に仕上がっています。まだ見たことがない方はぜひご覧ください。

さまざまな人生の大波を制覇し、幸せな結婚と出産も♡

順調にキャリアを積んだベサニー、友人の紹介をきっかけに交際をスタートさせたアダム・ダークス(Adam Dirks)と2013年に結婚♡ 生死の境からサーファーとしての人生も取り戻し、女性としての幸せもその手に掴んだ彼女。

beth
Photo from waval.net

 

誰もがうらやむハワイ挙式の背景には壮絶な物語が詰まっているだけに感動もひとしおです。

beth
Photo from instagram.com/bethanyhamilton/

 

そして2015年6月には待望の第一子である男の子を出産。

beth
Photo from instagram.com/bethanyhamilton/

 

beth
Photo from instagram.com/bethanyhamilton/

 

妊娠6カ月までサーフィンを続けていたベサニー。オアフ島のバンザイ・パイプラインで行われた 世界サーフィンリーグの「ウィメンズ・パイプ・インビテーショナル」にも参加していたというタフさ!さすがベサニーですね♡

息子 トバイアス君がベサニーとサーフィンに出る日もそう遠くないかも知れないですね♡

beth
Photo from instagram.com/bethanyhamilton/

 

Bethany Hamilton オフィシャルサイト

関連するタグ

人気記事ランキング