スーパーで見かけるUSDA ORGANICマークって、なぁに?

USDA ORGANICマークは安心のしるし

ハワイを含めるアメリカのスーパーには、「Organic」と書いてある商品がたくさん並んでいますよね。

オーガニックの商品には、「USDA ORGANIC」というマークが付いていることにお気づきでしたか?

USDA
Photo from pinterest.com

 

ホールフーズなどのスーパーの棚ではよく見かけるおなじみのマークです。

UDSA
Photo from exblog.jp

 

USDAとはどうゆう意味?

USDAとはアメリカの農務省のこと。United States Department of Agricultureの略称で、農務省が認定したオーガニック食品のみにこのマークが付いています。

このマークを取得するための規定は厳しく、農作物については 3年以上農薬を使っていないこと遺伝子操作などが行われていないこと畜産物については 3世代前から100%オーガニックの飼料を与えていることなどが条件で、認定された後も毎年査察が行われているとのことです。

 

ijreview.com
Photo from ijreview.com

 

いろいろなものに USDA ORGANICマーク

ホールフーズで人気のお土産のひとつ、リップバーム。このリップバームにもUSDA ORGANICマークがありますし、大人気のJohn Master Organicの商品にも、もちろんUSDA ORGANICマークが付いています。

USDA
Photo from geb.ebay.in

 

USDA
Photo from geb.ebay.in

 

USDA
Photo from johnmasters.com

 

日本で暮らしていていると、スーパーに行った時に『有機JASマーク』の付いている商品を探す、ということをしている人は少ないのではないでしょうか。

もちろん、日本で暮らしていても「有機野菜」と書いてあるものを探す場合もありますが、陳列されている商品を自分自身の目で見て、産地等を確認した上で判断して購入することが普通のように感じます。

それに比べて、アメリカではUSDA ORGANICマークが非常に浸透しており、このマークの有無が購入する判断と言う人もいるくらいなのです。

野菜、肉、卵、牛乳や赤ちゃん用のミルク、お菓子にまでUSDA ORGANICマークは印字されています。

 

USDA
Photo from foodbabe.com

 

ハワイでお買い物をする時は、ぜひ USDA ORGANICマークを気にして見てみてください。「こんなにたくさんあったのね!」と思うかもしれません♡

 

関連するタグ

人気記事ランキング