ハワイ島、火山国立公園を最高に楽しむためのツアーはこれだ!

ハワイ島の名物、キラウエア火山国立公園。ここは「世界で最も活発な火山を、世界で最も安全に観察できる場所」として知られています。現地ではキラウエア火山には火の神ペレが宿るともいわれており、その神々しさは見るものを魅了します。火の神ペレは「我々から家屋を奪うことはあっても、命を奪うことはない」と言い伝えられており、安全に観察できることを裏付けるかのようです。キラウエア火山の溶岩は粘り気が少ないために溜まって爆発することが無いのです。

43153535f47ebfb7_m

Hawaii-Volcanoes-National-Park

溶岩が海に流れ出す様は圧巻!

訪問者の口コミでも常に人気があるシーンが、流れ出た溶岩が海へとダイブする瞬間!こちらはヘリツアーかボートツアーでないと見れませんが、お金を払ってツアーに申し込む価値は十分にあります!海に流れ出た溶岩はすさまじい水蒸気を発しながら徐々にその動きを鈍くし、しまいには新しい大地の一部となって留まります。

21102-02

150ドル、海からの目線で楽しむボートツアー

ボートツアーは会社にもよりますが、1人150ドルほどで参加できます。ツアー例はこちらなどをご参考に。2時間から3時間で終了するため、ハワイ島を訪れた際の半日間のオプショナルツアーとしてはまさに最適だと言えるでしょう。ツアーの様子を動画でもご紹介しておきます。

200ドル、天空から臨むヘリツアー

ヘリツアーは、溶岩ツアーだけであれば200ドル前後で可能です(ツアー例)。ハワイ島の大自然をはるか上空から眺められる上に、火山の全景のみならず、海に流れ落ちる火山も楽しめるのですから、大変お得だと言えます。こちらも動画でヘリコプターツアーの様子をご紹介します。

この圧巻の大自然の迫力は、オアフ島、ホノルルでは味わえない、ハワイ島ならではの非常に魅力的なコンテンツです。せっかく自然を求めてハワイ島に来たのなら、海や森も素敵ですが、この溶岩をご覧になることをお勧めします。

hawaii254l

いつまで噴火が続くかわからない世界遺産地域

キラウエア火山は今も活発に活動を続けていますが、マウナロアという隣接する活火山が最後に噴火したのは1984年。それと交代するかのようにキラウエア火山は1983年から今に至るまで噴火を続けています。しかし、マウナロアが活動をやめたように、キラウエア火山の活動がいつまで続くのか、専門家にも分かりません。専門家でさえも「明日止まるかもしれないし、100年後も続いているのかもしれない」と言っているのです。まさに今しか見れないかもしれない神秘。ハワイ島を訪れる際はぜひキラウエア火山ツアーをご検討してみてください。

関連するタグ

人気記事ランキング