ハワイ旅行に必須の持ち物リスト

08fec19d3bb4a79d715ccf81f5fde61d_l

ハワイ旅行には、何を持っていけばいいのでしょうか?

普段、国内旅行には行き慣れていても、海外旅行となると必要な持ち物は変わるのでしょうか?
いくら日本人が多いと言っても、ハワイは“海外”です。
「これは持っていかなくても大丈夫だろう」と、日本にいる時とまったく同じ感覚で持ち物を決めていくと、現地で困ったことになりかねません。

今回、私がリアルに体験したことを踏まえ、必要な物、あると便利だった物をご紹介します。

 

f6d5abd42c11b306001e4b2e4bb8202b_l
・スーツケース

スーツケースは、国内旅行で皆さんが使っているようなサイズよりも、もうひとつ大きめの物がいいと思います。新婚旅行などで行く場合は特に、帰国してからみんなに配るためのお土産が、大量に必要と思われますので。ハワイの代表的なお土産であるマカダミアナッツなどのチョコレートでも、想像以上にかさばります。入りきらないのは困る・・・と無理にスーツケースに詰めると、いざ日本に帰って開けてみたら、詰めすぎてお土産の箱が潰れてしまっていた・・・なんて話もよく聞きますのでご注意ください。

また、スーツケースを新しく買おうかなーと思っているなら、カギ付きのものを購入しましょう。最近売っているスーツケースは、ほとんどがカギ付き(施錠)タイプですが、海外旅行ならなおさら鍵は必要だと思います。空港で荷物を預けるときには鍵はかけないままの方がいいのですが、ホテルの部屋では必要だと思います。ホテルの治安は昔と比べてそれほど心配することはないと思うのですが、「部屋の金庫に入れる程の貴重品ではないが、部屋に置きっぱなしにもしたくない物」って、ありませんか?ホテルの部屋の金庫なんて、メインのお財布などを入れたら、スペースはあまり余裕がないですし、入れたい物全てが金庫に入らない、なんてもこともありえます。そんなときでも、スーツケースに鍵がついていれば、まだ安心ですよね。

・持ち運びの観光用カバン

スーツケースとは別に、観光の際に使う持ち運び用のカバン。手提げよりは手で持つ必要がないような、リュックやショルダーバッグ、ウェストポーチなどがお勧めです。ハワイはとても暑いので、常にペットボトルの飲み物などを持ち歩くことも多く、ガイドブックや財布などの他に、飲料水もちゃんと入るような、持ち物にあったサイズのバッグを持っていきましょう。

・持ち歩き用の財布

ハワイのワイキキはそれほど治安は悪くないですが、もしもの時のためのに、お財布は2つ用意しましょう。例えば、日本で普段使っている財布には、ドルに両替した大半のお金と、予備で持っていく日本円を入れ、それはホテルの金庫に常に入れておく。そして、持ち運び用に安い財布を買っておき、その財布に”その日必要になりそうなお金だけ入れて、持ち歩く”というスタイルがお勧めです。やはり大金を常に持ち歩くのは危ないですし、もし落とすなり盗られるなりしてしまった場合、所持金がなくなってしまいます。なので、全額常に持ち歩くのではなく、その日必要になりそうなお金だけを持ち歩き用の財布に入れるようにしましょう。

・パスポート、ESTA、海外旅行保険証

海外旅行では、パスポートやESTAは絶対に必要になりますので、忘れるとハワイに行くことは出来ません。紛失しないようにするとともに、ESTAや海外旅行保険証とまとめてトラベルケースなどに入れて持ち運ぶと便利です。入国手続きはもちろん、お酒を買うときなどでもパスポートの確認をされますし、旅行中に何度か出し入れする場面がありますので、しっかりと管理てください。併せて旅行会社からのツアーの日程表や、オプショナルツアーの申し込み書、航空券なども絶対忘れないようにしましょう。また機内では、税関の書類を書き込んだりすることもあるため、ボールペンを1本、パスポートと一緒に持っておくと便利ですよ。

・携帯電話、充電器

最近は、スマートフォン(スマホ)、アイフォン、ガラケーなどでも、海外では何の契約も必要なく海外利用に切り替わるタイプのものが多いですね。加入しているプランにもよりますが、海外利用する際にはあらかじめ日本でそのプランの申し込みが必要なものもあります。

これについては事前必ず確認しておいてくださいね。
携帯電話は、ハワイで観光に出歩く際にも絶対必要になります。
電卓機能でチップの計算もできますし、ナビを使ったり、近くのレストランやカフェを探すにも、携帯はなくてはならないと思います。また、携帯を持っていくなら当然ですが充電器も必要です。海外対応の充電器や、電圧変換用のソケットなどが必要になります。

・雨具

(季節にもよりますが)ハワイではスコールが多く、雨の日が続くこともしばしば。今日はとってもいい天気だなって思って外出していても、急に通り雨に見舞われることもあります。
雨宿りをして済む程度の雨ならいいですが、折りたたみ傘やカッパくらいはバッグに入れて持ち歩きましょう。ハワイでは、カッパを着ている人も多かったですし、自分でかさばらないと思う雨具を選択しましょう。
ハワイのコンビニなどでも、傘は常に売っているんですが、かわいい柄はほとんどなく、真っ黒の無地のものでも$10はしますので、日本から持っていくのがおすすめです。

・デジカメ、充電器

行く先々で携帯で写真撮影をしていると、充電もすぐになくなってしまいますし、せっかくの観光スポットで写真撮影が出来なかった・・・なんて事態を避けるためにも、デジカメはぜひ持って行きましょう。SDカードの空きメモリの確認と、デジカメの充電器も忘れずに☆

・化粧品、生理用品

化粧品などは、現地で安く購入できるものもありますが、いつも使っているものを持って行くのが無難です。ただ、持って行くのもかさばるので、事前にチョイスしておきましょう。
女性の場合、急にハワイ旅行中に生理がきてしまう可能性もある人は、必ず生理用品も持っていきましょう。

・常備薬

ハワイでも、ある程度の医薬品なら売っていますが、やはり頭痛薬や胃腸薬など、飲みなれたものを持参することをお勧めします。また、ドルフィンスイムなどマリンスポーツなどのオプショナルツアーに参加する場合、港から船で移動することがほとんどです。ツアー会社からも、酔いやすい人は船酔い防止のために酔い止めを飲むことを勧められるので、酔い止めは持って行った方がいいと思います。

・日焼け止め、サングラス、帽子、制汗スプレー

ハワイでは、日本とは比べ物にならないくらいの暑さと日差しがあります。日焼け止めは、肌用だけではなく、頭皮保護で髪の上からかけられるスプレーもあった方がいいと思います。
サングラスは、オシャレではなく目を保護する目的として絶対に持っていくべき物の1つです。
ハワイに行くとわかりますが、外を歩いている人はほぼ100%の割合で、みんなサングラスをかけています!帽子も、日差し対策としてあった方がいいですね。熱中症予防にもなりますし、ちょっとお値段は高めですが、ハワイでも色々なタイプの帽子が売っていますので、バカンステイストの物を現地調達するのも楽しいですよ。日本では考えられないくらいの暑さで汗をかきますので、制汗スプレーもオススメです。

・衛生用品

洗顔用品や保湿用品、コンタクト洗浄液などの日用品は、ハワイでもドンキホーテなどで買えますが、実際に私が感じたのは「長期宿泊で、生活用品を揃えている暇はない」ということでした。現地にも売ってるだろう、と思っていると、観光しているうちに買うのを忘れてしまって、ホテルに帰ってしまったりします。日本国内のホテルだと、大体アメニティの中には歯ブラシや歯磨き粉、ボディソープ、くしなど、部屋に揃っているのが当たり前、という感覚ですよね。でも、ハワイのほとんどのホテルには、“歯ブラシ、歯磨き粉、くし、ボディソープ、ボディ用スポンジ、綿棒”などは置いてありません。ABCストアで歯ブラシセットは売っていたものの、これもアメリカサイズなのか、やたらと大きく使いづらかったです。奥歯まで磨けないどころか、口の中に入れるとブラシがかさばってしまったり・・・(笑)なので、日本から使い慣れたものを持っていきましょう。ちなみに、私が宿泊した部屋のアメニティにはボディを洗うスポンジ(タオル)もなかったため、本当に困りました。ボディソープ、ボディ用スポンジも必需品です。
またムダ毛の手入れなど、シェーバーやカミソリは必要だと思います。
ですが、スーツケースに入れて預けるならばハワイへは持って行けますが、機内への手荷物としては持ち込めませんので、注意が必要です。

・着替え、下着

着替えや下着は、汗をたくさんかきますし、海やプールを出た後もこまめに着替えたくなりますので、ちょっと余裕を持って多めに持っていきましょう。飛行機の機内は、ちょっと肌寒く感じることがありますし、ちょっと羽織るものを持っていくことも忘れずに。
またハワイのホテルには、パジャマが用意されていませんので、寝巻きは、ちゃんと持っていきましょう。

・水着

ハワイに行くなら皆さん海には入ると思うので、水着も必需品です。日本から持っていくのもいいですし、時間があるならハワイで買うのもお勧めです。それほど金額は高くないですし、日本には売られていないような、トロピカルなカラーのかわいい水着や、日本ではあまり
見かけないスタイルの水着も、たくさん売られています。オアフ島のアラモアナショッピングセンターにも水着屋さんが入っていて、ちょっと立ち寄ったのですが、種類が多く驚きました。
もちろん、ABCストアでも売ってますし、ワイキキの「H&M」でも販売されていました。
日本では見たことない柄で、価格も安かったので、現地購入もありですね。

・スリッパ

ホテルの部屋には、スリッパが用意されていません。飛行機の中でも長時間も靴を履いていると疲れますし、ホテルの中にも用意されていないところが多いので、スリッパは絶対持って行った方がいいと思います。

・圧縮袋

安い物でもいいので、キャリーケースのサイズくらい大きな圧縮袋を数枚持っていくと、帰国する際には、服や水着、タオルなど、衣類系をざっと入れて圧縮できてしまうので、キャリーケースのスペースの有効活用ができます。驚くほど隙間ができるので、お土産がたくさんあるときにも便利です。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

関連するタグ

人気記事ランキング