ハワイの生活って・・・

日本とハワイの生活を比べてみると、生活全般から娯楽などさまざまな面で違いが見られます、ここでは、生活の主体となる部分に注目してみました。

生活に不可欠なライフライン・・・

道光熱費(電気とガス、水道代)があらかじめ含まれているケースが非常に多くみられます。ハワイの不動産屋でよく目にする“Utility included”は、これらがはじめから含まれています・・・という意味です。
平均的な月額利用料金はハワイでは商業物件以外にガスを使っていませんので電気代4,000円ほど、水道代2,000円ほどと日本に比べると、そう高くはありません。

日本の食料品事情

ハワイの中心地、ワイキキから少し足を伸ばすと日本の食料品が充実しているスーパーがあります、お米や調味料、カップ麺など日本と変わらない品揃えとなっています。
しかし、日本からの輸入品に関してはやはり割高でカップヌードルやどん兵衛なども高めです。

ハワイにおける医療・保険

ハワイでは日本語が通じる病院はもちろん、最先端の設備を有した病院が数多くあります、しかし日本に比べてハワイの医療費はとても高額です。日本の健康保険でも海外での医療費が一部支給されるようになりましたが、ハワイの高額な医療費を賄うことはできません、よって、海外旅行障害保険もしくは現地の医療保険に加入する必要があります。保険の種類によって適用条件や料金が異なるため、移住前によく確認しておく必要があります。

ハワイにおける金融機関

ハワイでは家賃や公共料金、電話代などの支払いに小切手がよく用いられます、よって移住の暁には“当座預金”を開設が望ましいです、口座の種類にもよりますが日本に比べるとかなり良い利息が付いてきます。
また、小切手での支払いは銀行振込より手数料&実費が安く慣れてしまえばそれほど手間もかかりません、日本人スタッフが常駐している銀行もあるので、日本語で相談することも可能です、ハワイにある銀行の規模は小さいですが経営内容はいたって健全で顧客志向の経営&マーケティングといえるでしょう。

関連するタグ

人気記事ランキング