ハワイ好きなら必ず一つは欲しい「ハワイアンジュエリー」

Aloha~!!

皆さん、ハワイアンジュエリーって持っていますか?

ハワイに行くと、現地の人が付けていたり、
ハワイアンジュエリーショップ等をよく目につくかと思います。
ハワイアンジュエリーは、実は歴史やたくさんの思いが詰まっているものなのです。
そんな、ハワイアンジュエリーについて数回に分けてお話致します。
お付き合いいただければと思います。

ハワイにいれば必ず見かけるジュエリー

ハワイアンジュエリー
ハワイ好きな人は必ずと言っていいほど、持っているアクセサリー。
ハワイが好きな二人が結婚すると、
結婚指輪もハワイアンジュエリーになる確率が高いのもいうまでもありません。
ハワイアンジュエリーの中でも最も人気があるのは、ブレスレットです。
その存在は別格で、「ハワイアンブレスレット」は、
それ自体が固有名詞のようになっています。
ハワイに旅行に行くと、お店の店員さんやすれ違う女性の腕に
名前や文字が刻印されたバングルを見たこともあるでしょう。
さらに言うと、大体1本ではなく2本は当たり前にしている人が多いでしょう。

そんなハワイアンジュエリーってどんなものなのでしょうか。

「Hawaiian heirloom jewelry」は直訳すると、「ハワイの先祖伝来のジュエリー」。
つまり、ハワイの伝統的なジュエリーなのです。
家宝のように親から子へ伝えられるジュエリーであることを意味しています。
ハワイアンジュエリーは、実はもともとはイギリス王室に由来するものです。
1861年に夫に先立たれたイギリスのビクトリア女王は、
その後自らが81歳で亡くなるまで喪服を着続け、
ジュエリーもその喪服に合ったデザインにするために、
黒いジュエリーを身につけていました。
イギリス王室と深い関係にあったハワイ最後の王朝のリリウオカラニ女王は、
そんなビクトリア女王の気持ちを思い、
金のジュエリーに黒いエナメルで「永遠の思い出」という意味にあたる
ハワイ語を入れたブレスレットを作らせ、愛用しました。
これがハワイアンジュエリーの起源になったと言われています。
その後女王は、宮殿で開催された舞踏会を手伝った女性教師にも
「アロハオエ」という文字を刻んだブレスレットを、感謝の意味を込めて贈りました。
そのブレスレットを見た生徒たちが、同じようなものを身につけはじめたことで人気が高まったそうです。

ハワイ

では、次回は「ハワイアンジュエリーの種類」について
お話致します。

それでは、

See you again…

関連するタグ

人気記事ランキング