ハワイのソウルフード「マラサダ」とは…

Aloha~!!

これまでの投稿でいろんなハワイについてご紹介させていただきました。
ハワイについてだんだん詳しくなってきましたか?
より多くの知識をお伝えして、
ハワイを好きになってもらえたら嬉しいです。

では今回は、ハワイ好きなら皆さんご存知、「マラサダ」についてご紹介致します。

「マラサダ」って何?

マラサダ

 

マラサダはポルトガル発祥のお菓子で、日本でいう「揚げパン」です。
丸い揚げたパンにたっぷりの砂糖がまぶされ、
外はサクッと、中はフワッとした不思議な食感です。
でも、どことなく懐かしい面影があるお菓子として親しまれています。
それが、なぜハワイに上陸したのでしょうか。

「マラサダ」の歴史

上記でもお話した通り、もともとはポルトガルのお菓子でした。
キリスト教の四旬節の期間には卵や乳製品なども摂取することが禁じられるので、
その前にそれらを使い切ってしまうためにマラサダが作られるようになったそうです。
ハワイでは、サトウキビ畑で働くためにポルトガルから移住した人たちが
現地の人々に振る舞ったところ評判になり、
ポルトガル系のパン職人 レオナルド・レゴ が
自ら創業したレナード・ベーカリーで販売を始めると大人気商品となって、
マラサダを有名にし、ハワイのスイーツとして定着させるきっかけになったということです。

日本でも楽しめる「マラサダ」

最近では、海外だけでなく、日本でもおいしい「マサラダ」を楽しむことができるようになりました。
代表的なお店をご紹介致します。

□東京編

「Good days MALASADA(グッデイズ マラサダ)」:渋谷駅

「SUNDAY COFFEE STAND (サンデーコーヒースタンド)」:渋谷駅

「Hawaiian Cafe naninani(ハワイアンカフェ ナニナニ)」:豊洲駅

「Kope Lani(コペ ラニ)」:豊洲駅

「HONOLULU COFFEE(ホノルルコーヒー)」:赤坂見附駅

「art bread factory(アートブレッドファクトリー)」:牛込柳町駅 など

 

□大阪編

「マラサダドーナツのお店」豊中駅

「アロハナ(Alohana)」鶴橋駅

「art bread factory(アートブレッドファクトリー)」吹田駅

「ヴィットカフェ (Vitto Caffe)」芦屋駅

「マカニ (Makani)」三宮駅 など

 

上記のお店は一部抜粋したものなので、もっとたくさんあります。
また、おすすめのお店ランキングとしてご紹介させてください。

もっと気軽に楽しめるお店として、「タリーズコーヒー」をお勧めします。
タリーズは全国の店舗数も多いので、いつでもどこでもマラサダを食べることができます。
揚げたてではありませんが、温めてくれるので
ふわふわの状態を楽しめることができます。

タリーズ

是非食べてみてください♪

では、次回はハワイのおすすめ「マラサダ」ショップ5選についてお話させていただきます。

それでは、
See you again…

 

関連するタグ

人気記事ランキング