ロコがこよなく愛する「ココパフ」って何?!

Aloha~!!

マラサダのランキング内で出てきた「ココパフ」。
前回は、簡単に説明させていただきましたが、
今回、詳しくご紹介させていただきます。
日本でもそのうち流行るかもしれないココパフ。

それは一体なのでしょうか…。

「ココパフ」っていったい何?!

ココパフ

実は、ハワイでは「マラサダ」以上に人気があるのが「ココパフ」なのです。
ロコがこよなく愛し、一番日常的に食べているスイーツです。

ハワイでは、シュークリームの事を「クリームパフ」と呼んでいます。
そして、ココア味クリームパフの事を短縮して「ココパフ」という名前が付きました。

ハワイのシュークリームは、日本と違ってクリームの量がすごい!!
ぎっしり!ずっしり!で重たさを感じる程のシュークリームが多いのです。
そして、シュークリームの上にはさらにクリームがのっており、
ミルクとバターの濃厚クリームでこってりした味わいです。
アメリカらしい、ハワイらしい甘いテイストですが、病みつきになるスイーツなのです。

「ココパフ」は【リリハ・ベーカリー】のオリジナル商品

「ココパフ」は前回もご紹介した、「リリハ・ベーカリー」というカフェのオリジナル商品です。
なので、「リリハ・ベーカリー」に行かなくては食べられない一品なのです。

「リリハ・ベーカリー」とは、ハワイの人なら誰でも知っている人気ナンバーワンのスイーツ・ショップ。
1950年創業のハワイで永く愛されている人気の老舗ベーカリーです。
地元新聞社の読者投票「ハワイズ・ベスト」ベーカリー部門で、
マラサダのレナーズを抜いてNo.1に輝き、1日7000個を売り上げるという人気ぶりです。

冷蔵ケースには、グリーンティパフ、チョコレート・ミニ・クリームパフなど、
ほかにもたくさんのパフが並び、どれも約1ドルというリーズナブルな価格です。
ホームパーティの差し入れなどに買う人も多く見かけます。

「リリハ・ベーカリー」について

リリハベーカリー1

リリハ・ベーカリーは、ワイキキから車で15分ほどの場所にあります。
バスで行くとなると…
ワイキキから ザ バスで行く場合、クヒオ通りのアラモアナセンター方面へ向かう「13番」バスに乗車してください。
時間帯にもよりますが、13番バスは約15分おきに来るので万が一乗り遅れても結構すぐに次が来ます。

「ココパフ」は断トツの人気商品ではありますが、
パンケーキ、マヒマヒ、ごはん系、ハンバークなどが他にも人気メニューはたくさんあります。
お店には、「アメリカン・ダイナース」が併設されており、
お店の作りとしては入口を入ると左手にショーケース、
数列並んだベーカリー、右手にはカウンターコーヒーショップがあります。

レストラン自体は、カウンターのみで決して広くない店内なので、
絶品グルメを求めてロコを中心にいつも大行列。
行かれる場合は、特にランチタイムを外す事をおすすめします。
次回は「リリハ・ベーカリー」について、
おいしいメニュー、食べるべきメニューなど詳しくご紹介致します。

それでは
See you again…

 

関連するタグ

人気記事ランキング