ハワイでの交通手段は何がオススメ? Part2

Aloha~!!

前回は、ハワイでの交通手段のオススメをお話致しましたが、
今回は、「バスの乗り方」についてご紹介致します。

1バス

「バスの乗り方」

■おつりが出ない
■乗り換えにはチケットが必要
■降りるサインはブザーまたはヒモを引っ張る
■ドアは自動ではなく手動

【おつりが出ない】

ザ・バスに乗るには、バスの運転席側(前方)のドアから乗り込み、
乗車時に運転席横の箱に料金2.50ドルを入れます。
ここで注意したいことは、お釣りは出ないこと!!!
日本とは異なり、おつりが出ないので乗車前にしっかり現金で用意しておきましょう。

【乗り換えにはチケットが必要】

乗り換えが必要な場合は、乗車する際に申し出が必要です。
乗車するとき運転手に「トランスファー、プリーズ」というと、
トランスファーチケット(乗り換え用)がもらえるので、必ずもらってください。
そのチケットをもらわないと、次の乗り換えが無料になりません。
2時間以内に2回無料になるので、使わないとかなり損ですよね!!

【降りるサインはブザーまたはヒモを引っ張る】

日本でも同様ですが、降りる人・乗る人がいないとバス停には止まりません。
なので、降りるサインをしなければなりませんが、日本のようなボタンもありますが、
ボタンが押せない場合は窓側についているヒモ(ワイヤー)を引っ張ります。
降りる際にはタイミングが重要ですが、
もし不安な場合は降りるバス停の名前を伝えておくと安心かもしれませんね。

【ドアは自動ではなく手動】

バスを降りるときには、前方でも後方でもどちらのドアからも降りることができます。
勝手にドアはあかないので、ドアを軽く押します。

「バスに乗る際に気をつけること」

■走行中は運転手に話しかけてはならない
■携帯電話は消音にする
■「COURTESY SEATING」は優先席
■日が落ちてからのダウンタウンやチャイナタウンは治安が良くないのでお勧めしない

上記の注意点は、日本のバスでのルールと変わりませんが、
治安の良し悪しがあり、観光客はより狙われやすいので、その点だけ要注意してください。

オアフ島内ほとんどの場所にザ・バスで行けると言っても、
「タンタラスの丘」や「プウ・オ・マフカ・ヘイアウ」へはザ・バスでは行けません。
タンタラスの丘、またはプウ・オ・マフカ・ヘイアウに行きたい場合には、
オプショナルツアーを利用するのがベストです。

 

いかがでしたでしょうか。
日本と同じルールもあれば、まったく異なるルールもありますので、
是非勉強してみてください。

それでは、

See you again…

 

 

関連するタグ

人気記事ランキング